Copyright (C) Airliners All Rights Reserved.

本サイトに掲載されている画像、イラスト及び記事の無断転載、使用はお断りいたします。

~ 2018年度 上期撮影会席次作品紹介 ~

 概要

 上期撮影会の席次決めが行われ、上位6席が決まりましたので紹介します。今回は以下の条件の作品を会員が持ち寄り、チャーリィ先生に席次決めを行っていただきました。
・実施日:2018年6月16日(土)

・テーマ:羽田の混雑
・条 件:2018年5月12日(土)10~16時に、羽田空港及びその周辺で撮影
した作品をA4にプリントして1人1枚提出 

 講師総評

 撮影日は空の色も基本的にグレーで、後半は少し光も出てうっすら青空も見えたコンディションでしたが、テーマに沿って皆さん動かれた様子が仕上がりの作品を見て感じました。 特に今回は「新鮮さ」が勝負の分かれ道となったようで、限られた時間の中、新整備場、多摩川の土手など、切磋琢磨して他の人とは違う自分のアイデア、目線で撮影したものに眼をひかれました。また先週、今週共に空港主催の大きなフォトコンテストの審査をさせていただきましたが、やはりメンバーはプリントがうまい、無理な画像処理をしていないという点が素晴らしいです。 つまり過度な画像処理や撮影時の設定が悪くそれを無理に調整するため色ノイズが出たり、コントラストの上げすぎなどで階調が失われたりするプリントがフォトコンテストでも多く見られますが、このメンバーはそれがほぼない、という点が素晴らしいと思います。 というわけで、ぜひ皆さん自信をもって撮影にのぞんでいただければと思います。 入賞者を含め、参加者全員は私から拍手をお送りしたいと思います。

​チャーリィ古庄

 受賞作品

(作品をクリックすると拡大表示されます)

第1席 小松 美紀

「爽快青空!」

【撮影意図】

 曇り空から少しずつ晴れてきて、気持ちのいい青空になってきたので、そんな青空を入れた構図で撮りたかったので、旅客機は小さくなりますがあえてフィッシュアイを使って撮りました。

【講  評】

 フィッシュアイを使用したのはアイデアですね、単なる青空ではなく雲もあり、ワイヤーや下のグレーの柵がうるさくなく配置されていることにより展望デッキからというのも分かります。また機体がこれだけ並んでいる点、さらにC滑走路を離陸中の機体まで入れて動きを表現、にぎやかで動きがある作品に仕上げられていると思います。

 

第2席 山下 貴司

「都市型空港

【撮影意図】

 海外のエアラインがずらりと並ぶ風景を、羽田空港の混雑がテーマということで、都市型空港の狭隘でごちゃごちゃした感じを表現するため、空港周辺の電柱や道路標識もあえて入れて撮りました。

【講  評】

 本来なら電線が・・・とかプレハブの建物が・・・と言いたくなりますが、混雑する羽田というテーマなので、そのごちゃごちゃした感じよりも尾翼の並びの方が勝ちました。望遠レンズの圧縮効果も効いていて国際線ターミナルの雰囲気を出しながらこれまであまり見たことがない新鮮さも出ているという点がお見事です。少々色は派手めですが、この程度ならインパクトがあり、ありだと思います。

 

第3席 前田 明弘

「陸橋からC滑走路を臨む」

【撮影意図】

 左右にクレーンが立っていたのでその狭い間を切り取りましたが、青空にならなかったので手前の風景が目立ち過ぎてしまいました。羽田撮影でこの場所で撮るのは初めてでした。

【講  評】​

 第二席の作品もそうですが、今回は足で稼いだ方々の新鮮さが作品作りに影響したと言えるでしょう。無駄のない構図、環八通りとターミナル案内の標識、機体の位置。緊張感があり無駄のない構図で羽田らしさを出しながら、新しい視点に惹かれました。光線状態を考えアイデアで勝負した一枚だと思います。

第4席 石原 真理

「陸路はゴミゴミ、海路はスイスイ」

【撮影意図】

 B滑走路 南側対岸から撮影しました。着陸便や離陸便が交差しゴミゴミした様子を見ていたら、海上では漁船がサーっと通り過ぎて行きました。

【講  評】

 作品にマッチしたタイトルがいいですね。各社の尾翼、機材の違い、緑、そして船、多摩川、盛りだくさんですが嫌味がないまとめ方です。川と隣接する羽田空港。遠くに見えるゲートブリッジ、羽田空港らしさが強調されている一枚に仕上がりました。

第5席 頼富 清一

「芋洗い!」

【撮影意図】

 大空港羽田の混雑を表現すべく、離陸機を追いながら複数の機体が重なる瞬間を狙いました。

【講  評】

 撮れそうで撮れないカットだと思います。後ろの空がグレーなのは残念ですが、ワイドボディ機が5機、左右のバランスもおもろしいように調和がとれています。機体を置く位置、画面構成も無駄がありません。狙って撮ったのか、偶然撮れたのかは分かりませんが、結果羽田の混雑を印象づける写真になりました。

第6席 小丸 晋太郎

「行きかう思い」

【撮影意図】

 トーイングされる機体、駐機している機体、離陸していく機体を織り込んで撮影してみました。

【講  評】

 タイトルがいいですね、離陸機、タキシング中、トーイング、駐機中、ハンガーインなど機体の動と静も感じられますし見ていて空港らしさを感じることができ楽しいです。陽炎が心配になる絵ですがクリアに撮れているのもお見事です。