Copyright (C) Airliners All Rights Reserved.

本サイトに掲載されている画像、イラスト及び記事の無断転載、使用はお断りいたします。

エアライナーズ写真展2019を開催します。

September 16, 2019

1/10
Please reload

Featured Posts

NGO–PEK EY889 エティハド航空搭乗記

September 14, 2016

こんにちは。 ふたたびエアライナーズメンバーのK. S.です。

 

憧れのエティハド航空に乗るラッキーなチャンスを得られたのは去年の秋。

 

エティハドといえば、尾翼の鷲のマークがミリタリーっぽくてかっこいいエアラインですね。 

 

あ、これは旧塗装。 

 

新塗装はこれ!(↓)

 

砂漠をイメージしたベージュ、茶、ゴールドの幾何学模様がとても洗練されたデザインです。

 

そして、特別塗装機も斬新なデザイン多数。

 

先ずは、ブルーのマンチェスターシティーフットボールチーム塗装

 

そして、ミラノ・エキスポ塗装

 

 

最後は、成田にしか来ない

 

アブダビF1グランプリのド派手な塗装!

 

どれもかっこいいいですね〜。

 

でも、でも、私が声を大にして言いたいのは

 

「機体のデザインにも増してかっこいいのがCAさんのユニフォームなんです!」 

 

個人的には、エティハドのユニフォームはどのエアラインのユニフォームよりもスタイリッシュでソフィスティケートされてると思います!  

 

スリムなラインといい、チョコレートにパープルを効かせたカラーリング、帽子にグローブ、どれをとっても素敵、素敵!

 

写真はないので、このウェブサイトでどうぞ(↓)

 

エティハド航空ホームページ「エティハド航空の制服」へのリンク

 

ね! 超かっこいいでしょう?

さて、話を戻すと、エティハドのチャンスをゲットしたのは北京への出張が決まったこと。 

 

「え? 中東系エアラインなのに中国?」 

 

実は名古屋発のエティハドは北京経由でアブダビまで飛んでいくのです。

 

ちなみに、名古屋から北京行きの直行便のオプションはたった2つ。(さびし〜) 1つは21:30に発ち夜中の0時に到着するこのエティハド便。 もう1つは朝発、お昼に到着する他のエアライン便。 

 

私の心はもう一直線なので

 

「このフライトで行きたいです!」

 

と言うと、案の定、ボスは私の提案するフライトには難色を示した。

 

深夜着だし朝便よりも余分に1日(実際は半日以下)出張のため休日を犠牲にしなくてはならないからである。 

 

是が非でもこのチャンスを逃すまいと、私は、

 

「深夜着でもあとは寝るだけだし、翌日は休日だからゆっくり体を休められるし、月曜からのミーティングの作戦会議もできますよね。」と必死の説得を続ける。 最後には「見てくださいよ。 こっちの飛行機のが大きいし、かっこいいでしょ。」(やばい、本音を暴露してしまった・・・・)

 

まんまと? いえ、ちゃんとボスにも納得いただいた上で、思い通りのフライトをゲットし、搭乗日当日はルンルン。 仕事そっちのけの旅気分満々!

 

搭乗日は2015年10月10日。 NGO – PEK EY889便です。

 

残念ながら新塗装ではなく旧塗装だったけど。

 

でも、足取りも軽く搭乗で〜す! お決まりの1枚。

機内に入るともう、CAさんたちに目は釘付け! ♡ ♡ ♡ ♡

 

キャー、キャー!!!

 

顔立ちや髪の色からして、いろんな国籍の人たちがいるようです。 

 

とってもエキゾチック〜。

 

機内アナウンスによるとこの飛行機1機の中でカバーできる言語は英、日、韓、中、中東言語、東欧言語など含め十数言語にもおよぶとはびっくり! 

 

まさにマルチカルチャーなエアラインです。 

 

そして、オレンジのエプロンドレスを着たCAさんがひとり。 

 

何をする人かなと思っていたら"Flying Nanny"と呼ばれる小さな子供のお世話をしてくれる専任のCAさんだそうで、さらにびっくり。 

 

素晴らしいサービスですね。

 

さて、待ってました!のお食事。

 

このために晩御飯抜いてお腹すかせてたのです。

 

私はお魚の煮付けの和食をチョイス。

 

 

ボスはチキンの洋食をチョイス。写真だけいただきました。

 

 

ほのかにピンクのムーディーなライティングの中でリラックスしていただきました。 

 

おいしかったですよ〜。

 

初の北京で1週間真面目にお仕事たまに?観光。

 

いよいよ帰国の日となりました。

 

なんと、この日、朝から北京名物のPM2.5が最悪の状態。 

 

街全体が真っ黄色で一寸先まで見えません状態。

 

こんなので飛行機飛べるのだろうか?

 

と不安になりつつも、オンタイムで出発。帰りも旧塗装でした。 泣。

 

帰りのお食事はカレーでした。

 

 

また機会があったら是非乗りたいエアラインです。

 

できれば、次はビジネスクラス以上で ♪

 

Please reload